B級グルメ・ご当地グルメ完全ガイド

口の中でスッと溶ける
和食?スイーツ?「たまごふわふわ」

トップ > 静岡県 > たまごふわふわ

  たまごふわふわ
  

静岡県袋井市

たまごふわふわ

 ふわふわとダシの渾然一体

見た目はどうみても洋風のメレンゲ。おまけに「たまごふわふわ」というゆる~いネーミングから、どうやら最近誕生した新グルメかしら?と思ってしまいそうです。しかしながらその実態は、由緒あるれっきとした和食。
なんと古くは寛永3年(1626年)の将軍家の饗応料理に出されたという記録があるほどで、「東海道中膝栗毛」にも高級料理の代名詞として登場しています。

特に文化10年(1831年)に大坂の豪商・升屋平右衛門重芳が袋井宿に宿泊した際、料理にこれが出て来たと「仙台下向日記」に書かれていることから、これに着目した袋井市観光協会が地元の有志たちと協力してレシピを再現。今や袋井市内のいくつかの店で、江戸風流の味を堪能できるようになりました。

ダシと玉子を材料にする共通点から、「たまごふわふわ」は茶碗蒸しの起源なのでは?という説もあります。とはいえ見た目が全く異なり、「たまごふわふわ」はスフレのような感じです。

作り方はシンプル。まずはダシに塩(もしくは砂糖)、薄口しょう油、コショウを加えてすまし汁を作り、土鍋に移し、蓋をして火にかけます。続いて別に取っておいた先ほどのダシの一部に玉子とみりんを入れて、ハンドミキサーで泡立てます。最後にそれを土鍋のダシの上に載せ、再度蓋をして蒸らすだけで完成。

泡のように口の中でふわっと消えるなんとも不思議な食感とダシのシンフォニーは、高貴さすら感じる味わい。
出来たてをすぐ食べる料理ですが、今では「たまごふわふわ」にヒントを得たスイーツやパンなども創作されています。正統派の「たまごふわふわ」だけでなく、新進気鋭のニュータイプもぜひ試してみてください。

たまごふわふわを
食べるならココで!

たまごふわふわ

 日帰り天然温泉 遠州 和の湯

ひがえりてんねんおんせん えんしゅう やわらぎのゆ


淡い琥珀色を帯びた天然温泉を満喫できる日帰り温泉施設。こちらは温泉水でトラフグを養殖しているという変わり種施設ゆえ、トラフグ料理をリーズナブルに堪能できます。もちろん「たまごふわふわ」620円(入館料別途)にもトラフグが入っており、スープ感覚でいただけます。なんとも摩訶不思議な食感と和風ダシの共演を楽しんでみましょう。

住所静岡県袋井市諸井2022-3
電話0538-23-1500
時間 11時~21時(※入浴は10時~23時)
休み なし
P
たまごふわふわあいす盆

 じぇらーとげんき 可睡斎門前店

じぇらーとげんき かすいさいもんぜんてん


600年以上続く禅の修行道場として名高い古刹・可睡齋のそばにあるジェラート屋さん。「可睡ぼたん」「三ケ日みかん」「森の次郎柿」などの手作り感と地元感たっぷりのジェラートが、常時14種並んでいます。
とりわけ「たまごふわふわ」をモチーフに創作された「たまごふわふわあいす盆」400円は、モコモコの泡の上にバニラジェラートが乗っていて、まるで割った玉子のよう。碾茶(てんちゃ)のトッピングもまた茶どころ静岡県らしいですよね。使用している玉子も袋井産というこだわりです。数量限定なので、訪問前に確認をとったほうがベター。

住所静岡県袋井市久能2952-1
電話0538-43-7766
時間 4月~9月 9時~18時、
10月~3月 9時~17時
休み 木曜、第3水曜(※祝日の場合は営業)
P

たまごふわふわを
手軽に自宅にお取り寄せ

現在、ご案内できる商品がありません

隣接都道府県の
B級グルメ・ご当地グルメ

いせはら豚ティーヤ

いせはら豚ティーヤ

神奈川県伊勢原市

伊勢原周辺でかつてから食べられていた豚の味噌漬けがメキシカンと出逢ったら、こんなことになっちゃいました


信玄ソフト

信玄ソフト

山梨県内全域

山梨県を代表する銘菓「信玄餅」とソフトクリームがドッキング。ひんやり信玄餅にソフトクリームがベストマッチなのです


五平餅

五平餅

岐阜県東濃・飛騨地方、愛知県奥三河地方、長野県木曽・伊那地方など

炙りたてにかじりつけば、香ばしいタレと食べ応えある飯餅。大判型だけじゃなく、団子型やメガネタイプなど見た目さまざま


ガマゴリうどん

ガマゴリうどん

愛知県蒲郡市

うどんエキスポで大人気のあっさり仕立てうどん。あさりの風味がなんとも滋味たっぷり

このカテゴリー要注目の
B級グルメ・ご当地グルメ

けいらん

けいらん

秋田県鹿角市周辺

おすましの中に浮いているのは、たまご…? いえいえ、たまごのように見えて実は違うんです


金山寺味噌

金山寺味噌

和歌山県湯浅町・由良町・御坊市など

味噌は味噌でも汁に溶かすのではなく、温かいご飯に添えたり、お酒の肴にしたりと、そのまま食べるおかず味噌


しょうゆ豆

しょうゆ豆

香川県内全域

煮豆のようで、実は別物。軽く噛むと口の中でポロッと砕ける歯ごたえは、しょうゆ豆ならではの製法です


ごどうふ

ごどうふ

佐賀県有田町、長崎県雲仙市

豆腐は豆腐でもぷるぷるつるりんな食感が楽しい独特風味。おかずとしてだけでなくスイーツとしても愉しめます